優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイル販売推進運動
それは先日の事だった。
死神号(原チャ)のガソリンとオイルが無くなったので、見知らぬスタンドに行った。

店員は言った「お会計1680円です」と。
私は言った「ウソ~?」と。

原チャリのオイルは0.5リッターしか入らない。
オイルの相場はリッター1000円位だから、それ×0.5=500円位。
プラス、ガソリン代であるが、まあそれも300~400円が関の山。
合計が1000円を超えるなんて、あり得ね~。
それが1600いくらなんて、ハルマゲドンだ!

すると店員は言った。
「オイル1リッターですよ」と。
伝票を見ると、確かに1リッター買った事になっている。
しかしだ、私の原チャはいくら特別仕様と言っても、
0.5リッターのタンクに1リッターの液体を入れられる様には改造していない。

って言うか、物理的にそんな事が世の中の科学で可能なのか?
個体なら分かる。しかし液体なのに、容量の倍も入るのか?
教えてくれ!バイトの少年!

「1リッターですよ」って・・・
じゃあ残りの0.5リッター、何でまた倉庫にしまってんだよ!
すかさず「じゃあ残り0.5リッター下さいよ!」って言った。
すると「あ、お持ちになります?」だって。

おいDQN小僧!
テメー商売ってもんが分かってんのか?
オイルが1リッター缶で売っていようがいまいが、そんな事、客には関係ねーんだ。
要はいくつ入ったかどうかが重要なんじゃないの?
いや、重要って言うか、それしか論点ないから。

何で0.5リッターしか受け取ってないのに、君は1リッター分の代金受け取るんですか!
払わせようとするんですか!
しかも残った分は、チャッカリまた店の在庫になってるじゃ~ありませんか!
それとも何か?君のスタンドはオイルのボトルキープがあるのかしらん?

な訳ないだろう。
つまり、それを世間では「ボッタクリ」って言うんです。はい。
そりゃ~私も昔はその業界でバイトしてました。
ボッタクリなんて、「ニチジョウチャメシごと」(日常茶飯事)だ。
車のオイル交換なんてひどいもんでしたよ。
フラッシングもしないのに金だけもらって、浮いたオイルで自分の車のオイル交換してましたよ。

でもね、今まで一度もそれがバレた事はなかったよ。
しかし君は5秒でバレてる。秒殺はいけねーよ。
そんなんじゃボッタクリのプロにはなれねーぜい。
そもそもボッタクリって言うのは、客にバレねー様に自然を装ってやるのが常なんだよ。
0.5リッターしか入れてないのに、みすみす黙って1リッター分の金を出すと思ったか!
甘い!甘い!まだまだ修行が足りん!

でもまあ、君にはある意味負けた。
こっちがあれだけ不信感露わにして曇った顔してても、よくもまあそれだけ涼しい顔して「ありがとうございました(笑顔)」なんて言えるな。
もしかして君は「天然?」「本物?」「真性?」
包茎だったら3番目のだけは勘弁だ。

よし、決めた!
もう行くまいと思ったが、次回もまたそこでオイルを入れてやろう。
その時こそ、見事この私からボってみせたまえ!
次に行くまでの数ヶ月、しっかり修行をするがよい。
ではまた会おう!

スポンサーサイト
直ったよ!
それは昨日の事だった。
車で走っている最中、ふと助手席に置いた携帯を見ると、
見知らぬ電話番号からの着信があった。
「呼び出し時間42秒」
これだけ長く呼ばれてんじゃ、ワンギリではあるまい。

そこでふと思った。
「三菱からに違いない」と。

で、電話した。
やっぱりそうだった。
だから行った。

待つこと30分。
「終わりました」との事。

で、明細見せてもらった。
値段は1万6千円と書いてある。

払ってなるものか。

そう思ってた。



でもお金の事は言って来なかったので、聞いてみた。
元々払うつもりは微塵もないが、
どういう事なのかは気になる。

そしたら、
車の保証期間は3年間。
でも、通常の電気製品の保証期間は1年間。
ナビも電気製品に含まれる。

でも純正品のオプションの場合、
電気製品でも車の保証期間と同じく3年になるのだそうだ。

ちょっと「へぇ~」って感じで、ディーラーを後にしたのであった・・・


おしまい。


オチは、無いです(^_^;;;

追伸・ダーツの件は、聞いてみたら、その後の客に抜かれてランク外に落ちたらしい。
10位以内の人は、営業マンが家まで景品を届けたそうな・・・
欲しかったな~。


ナビその後
先日ナビによるTV鑑賞の話しをしたが、その日の帰り道、何と突然ナビがぶっ壊れやがった!
案内させている最中に止った。
お陰でずーっと曲がらず直進しちまったじゃねーか!

なもんで後日、三菱に持って行った。
今、最も熱い自動車メーカーは何と言っても三菱であろう。
違う意味でも相当に熱い。なんせ燃えちゃうんだから。
まあそれは置いておいて、行きましたよ。ディーラーに。

しかし一歩足を踏み入れると、「何なんだ!?この活気は!」って思った。
お客はたくさん来ているし社員の態度も手厚い。
一流ホテルの従業員と何ら変わらぬ対応。

まず通されて座る。
飲み物の注文を受ける。
専属のウエイターが持って来る。
しかも美人!
おかわりも自由。

遠くでは子供達が社員とダーツをやって遊んでいる。
その社員はまるでイベント会場の司会を思わせる程の盛り上がりっぷり。
ん~。再建に本気なんだな~としみじみ思った。

で、余に対して「ダーツしませんか?」と誘って来た。
恥ずかしかったが、空気に飲まれてやった。
ベスト10位以内の人の点数と名前が張ってあった。
どうせこんなもん当たるか~!・・・と思いやった。
そしたら何と6位に入ってしまった。

死神皇帝様 XX点
と張り出された。
帰りにはカレーセットももらった。

週末は三菱に行くのがお得かも!


警察2
それは先日の事だった。
友達と待ち合わせをしてメシを食った。
友達は嫌な事があったので酒を飲んでいた。
付き合って一緒に飲んでも良いかな~と思ったが、やめた。

待ち合わせ場所には原付で行った。
まあそんな事は酒を飲む事と関係なかったが、
でも何かやっぱりやめた。

その帰り道。
飲酒運転の検問をやってるではないか。
「おぉぉ・・・飲まなくて良かった」としみじみ思った。
前回のスピード違反に続き、またも命拾いをした。
はやり「やってはダメ」と言われる事はやるものではない。

以後、全うに生きる事を誓った。


警察
それは今朝の事だった。
余はある場所に急ぐ為に、高速道路をカッ飛んでいた。
と言っても、今乗ってる車は昔の死神号程のパワーも性能もない。
まあせいぜい120キロ位が関の山である。
右車線を走っていたのだが、やや後ろに煽るでもなく等間隔でずーっと付いてくる車がいた。
まあ一般車両なので気にも止めなかった。

さて、初代死神号から乗り換える時、ナビとTVを付けた。
走行中も見れる様になっているので、結構TVを見ながら走る事が多い。
まあ、そう言う時はだいたい80キロ位まで速度を落とすのだが、この時は速度が速度なので、画面はチラチラとしか見れずにいた。

やがて、笑っていいともの「彼氏が彼女に着替えたら」とか言うコーナーが始まった。
いわゆる男が女装するやつだ。
男の分際で、かなりな美人に変身していた。
元は男でも、確かに抱きつきたくなる程綺麗になっていた。
こりゃたまらん!
じっくり見るために左車線に寄り80キロ位まで減速した。

すると、さっきから後ろにいた車は、前が空いたのでカッ飛び始めた。
そしてその後方から白いクラウンが・・・

暫く走ると、さっきの車が捕まっていた。
ん~。危なかった。
以後、走ってる時にTVを見る時は、更に注意が必要だ。

最後にその捕まったドライバーへ・・・
身代わりになってくれてありがとう♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。