優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死臭の香りを聞いてみた
かなり大昔、消防士の友達の話をした事があるが(これこれ)、最近また会った。
ここのネタにしたくて色々と話を聞いて来たので、紹介しよう。
ちなみに今は火消しはしておらず、救急1本だそで・・・

と、その前に、題名にある様に今回は死臭とはどんな匂いか?を聞いて来た。

そういう話に弱い人、および、これを読んでその物が嫌いになってしまうかもしれない人は読まないで頂きたい。

それを嫌いになっても、責任は持てません・・・・


さてさて、ここから先を読む人はそういう話全然OKな人でありましょう。
血まみれの死体を見ながらでもメシが食える様な肝をお持ちだと思うので、躊躇なく書くとしよう。
と言っても、そんなに大げさな話ではないけど、一応注意しておかないと、責任持てないし・・・

で、いきなり言うと、腐乱死体の匂いとは、塩辛の匂いにそっくりだそうだ。
今度塩辛を食べる機会があった時は、「ほ~。これが腐った人間の匂いか・・・」とでも思いながら食べてみるのも良かろう。
友達はそれで塩辛が嫌いになったと言っていたかどうかは覚えていないが、同僚の中には食べない人もいるらしい。

で、それだけでは面白くないと思っていたら、続いて血の匂いについても語ってくれた。
「昨日も飛び降り自殺図った人を運んだんだけどさ、全然気づかなかったけど病院着いて下ろしたらストレッチャー(運ぶやつ)が真っ赤なんだよね。血も大量に出ると匂いがするんだよ」との事。
「どんな匂いすんの?」と聞けば、「よく血生臭いって言うじゃん?まさにあの通り。刺身の匂いと同じだよ」との事でした。

まあそれを話ながらちょうど刺身食ってたけど、目の前で見てる訳じゃないし、どうって事なかったです。

で、仕事柄しょっちゅう血だとか見てる彼ですが、面白い事を言ってました。
「でもさ、他人の大出血を見ても何とも思わないんだけど、自分の血とか見ちゃうともうダメだね」だって。
はははは・・・
可愛いところもあるんだね。

で、更に聞いてみた。
「腐乱死体って結構多いの?」と。
すると「結構あるよ~。この前も母親が息子と連絡取れないから家に行って合鍵使って中に入ったらしいんだけどさ、母親は真顔で「すみません。息子の部屋に黒人さんが寝てるんですけど・・・」って言うんだよ」とのこと。

一瞬意味が分からなかったが、人は死んで放置しておくと、皮膚が段々黒くなって来るらしい。
それを見た母親は、まさか自分の息子がそんな姿になっているとは思いもせず、本気で黒人が寝ていると思ったらしい・・・
母がそれが息子だと言われた時、一体どんな思いをしたのだろうか・・・

それと「何で死んでるって分かっていても警察じゃなくて救急なの?」と聞いたら、「規則で決まってるんだ。どっかがちぎれたり、切れたり、血が出たりしていた場合は警察になるんだけど、綺麗な死体の場合は救急が病院まで運び、医者が死亡と確認した後で警察に引き渡されるんだ。でも医者って冷たいよ~。「(死体運んでこられて)これを一体どうしろって言うの?」とか言うからね。まあ気持ちは分からなくもないけど、こっちも規則だから仕方ないって事を説明して診てもらう様にお願いするんだ」とのこと。
まあ確かに医者の言う事も分からなくもない。

そんな彼、救急になったばかりの頃は一生懸命心臓マッサージとかして助かれ~!って思ったらしい。
でもずっとそんな事をやっていると、段々間隔が麻痺して来て、人の死を目の当たりにしても何も感じなくなってしまうんだそうだ。
高齢者を運んでいる時に救急車の中で死亡しても「だいたい救急車を呼ぶ時点で既に手遅れなんだよな・・・何でもっと早く病院行かなかったんだよ・・・」って思うらしい。
そんな冷たい自分が最近凄く嫌だと言ってた。
慣れって怖いね・・・

こんな事も聞いてみた。
「若い女の全裸死体とか見たことある?あると嬉しいの?」って。
「そういうのはあんまりないけど、でもこの前は薬物自殺した若い女がいて、病院に到着するや否や病院側も服は全部切るんだよ。で、胃洗浄をした時に目を覚まして、暴れ出したから、俺らも押さえるの手伝わされたよ」だって。
そういう時の人間の力って凄いらしい。
時には殴られる場合もあるらしく、看護婦さんの一人が顔殴られて眼鏡が割れ鼻からダラダラと血を流していたそうだ。

普段目にする事のないそういう現場に携わる人の話を聞くのって面白い・・・
これが怖いもの見たさなんだろうか・・・

決して人の死について面白おかしく軽く考えている訳ではないが、実際綺麗事だけでは済まない現場って言うのもある事を認識したい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。