優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身に覚えのない謝罪・・・
それは今朝のことだった・・・
心地よく寝ている最中に、突然やって来た言いがかり。
自分は何も身に覚えがなくとも、争いは突然やって来る・・・
今朝はそれを身を持って体験した。

朝、余を起こしに女皇帝がやって来たのだが、
「ちょっと起きなさいよ!私は怒ってるんだからね!」と言っていた。
「ん?こりゃ~何か見つかったか?」と結構焦ってハラハラしていたのだが、
話を聞くと、何かがバレた訳ではなかった。
(おいおいおい。大体お前は何でそんなやましい事ばかりあるんだ?)

では彼女の言い分を以下に書こう。

「あんた、夢で酷いんだ!
 私と結婚してるのに、夢でお見合いなんかしちゃってさ、
 しかも若い女で、あんたも両親も凄い乗り気でさ、
 何よあの態度!許せない!!
 途中で目が覚めても、寝るとまた続き見るんだよね。
 私が『結婚なんか辞めた方が良いよ』って言ってるのに、
 全然聞く耳持たないで、その女と結婚するとか言うし、
 凄いムカついた!今回ばかりは絶対許さないからね。謝んなさいよ!」

だそうである。

では余の言い分を書こう。

「マジ?相手の女って可愛かった(笑)?(答えぬ女皇帝)
 でもさ、そんなもん、あんたが勝手に見た夢で、俺は知らね~よ!
 何で謝らなくちゃならないんだよ。俺はぜってー謝らないから!」

妻:「そんなのは良いの。謝ってもらえれば気が済むの!」
余:「知らない・・・」
妻:「早く謝ってよ!」
余:「・・・・・」
妻:「謝るまで、会社に行かせないからね」
余:「そりゃ~願ったり叶ったりだ。じゃあ会社に電話して
   上司に理由を話して俺が休むって事を言ってくれ!」
妻:「うるさい!早く謝って!」
余:「うるせーなー。時間がねーっちゅーの!分かったよ。ごめんな!」
妻:「気持ちが入ってない!」

ここまで来ると、ウケたね。
普段はあんまり怒らない彼女であるが、
今回はここまで言うって事は、相当ムカついたのであろう。

でも過去に、余もムカつく夢見て、マジで大喧嘩になって
無理矢理謝らせた事があった。
仕方ないので、ここは大人の男として、折れてやるか・・・
そんな感じで一言「悪かったね」と言って一件落着である。

でも勝手にそんな夢見ておいて、何で謝らなきゃならねーんだい。
でも面白かったから許してやるか。

皆も変な夢を見たら、その相手に怒りをぶつけると良いであろう。

では。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。