優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無謀な挑戦
暮も押し迫ったある日、買い物帰りにボーっと死神号を操っていたら、
後ろから凄い勢いでインプレッサのWRXに抜かれた。
その時思った。
「よし。あいつをブチ抜こう!物事は成せばなるらしいから絶対抜いてやる!
 もしも抜く事が出来れば、来年は進歩できる。ダメなら、俺は変わらない」
って勝手に基準を作り、仕事でも滅多に見せぬ意気込みで勝負に挑んだ。

しかし、この日乗車の死神号は50ccの原付である。
カッ飛んでるインプレッサを抜くなんて、相当無謀かもしれない。
だがどうしても、頑張ればどうにかなるって事を立証したかった。

幸か不幸か東京の道路は信号が多い。
だからそこで相手が止まった時に、原チャリ最大の武器を使い、すり抜けて前に出れば良い。
原チャリをナメられては困る。
そんな卑怯にも似た作戦だが、勝機はそれしかない。
その作戦に従い、ぶち抜く事に専念した。
ちなみに言うまでもないが、勿論、相手のドライバーはそんな原チャリごとき眼中にもないであろう・・・。

暫く走ると、早速1つ目の信号が期待通り赤になった。
「ふふふ。割と早かったな。まあ青になるまでに並べばいいか」って思って減速したら、
何とその手前の信号も赤に変わり余も停車を余儀なくされた・・・
「ちきしょう。もうちょっとだったのに」こちらも止められるなんて、考えてもいなかった・・・
詰めが甘かったか。

こっちの信号が先に青になったが、敵の信号も直後に変わった。
先頭にいた敵は青になるや猛烈な加速とともに離れて行く。
「速ぇぇぇぇぇ!!」そう言わざろう得ない速さだった。

本当にあんな奴を抜けるのか?だがそこで諦めたらダメだ。
信号に引っかかりさえすれば、どうにかなる。
そう思い走るも、どうしても信号で並べない。
必ず信号1つ分、間が詰められないのだ。
そして次の信号は余が曲がる最後の交差点。

ここは直進すると行き止まりなので、殆どの車が右折か左折する。
しかし多くの車は右折しかしない(要するにその道は右折してまた続いているわけですな)。
敵も右折なら、敵の前に右折待ちの車がいると良いな・・・
そう期待し追いついてみれば、案の定5~6台の車が並んでいた。
しかも先頭は動きの遅い路線バスじゃねーか。
「ヒヒヒ。勝ったな」そう思って、強引にバスの前まで出て、目標を達成する事が出来たのであった。

思い切り卑怯な作戦であったが、とりあえず「抜く」という目標は達成できた。
非力な原付でも、周囲の状況によっては相当な強敵であっても物事頑張ればどうにかなるものかもしれない。
という事を立証出来た様な気持ちであった。
(まあ9割思い込みだと思うけど)

相当強引な勝負と結論であるが、まあ新年への希望って事で、気分は悪くなかった。
何も知らずに勝手にそんな事に挑まれたバトルの相手よ。ご苦労さんであった。
今度見かけた時は、許してやろう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。