優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の出来事
2ヶ月位前から、ずーっとずーっと咳が出ていて、止まらぬ!
どうにも止まらぬのダ!
熱もないし鼻も出ない。
でも咳はずーっと出てて、震度5でも起きなかった余が、
咳ごときで夜中も目が覚める程なのだ。

で、正月明けに医者に行った。
風邪薬をくれた。
でも余計悪くなった。

2週間前、別の医者に行った。
耄碌(モウロク)爺さん医で、全くお話しにならない。
どんな状況か、これからどうすれば良いのかなど、
医者は一言も喋らずに、一切合切全ての説明は看護婦がしていた。

おいババー!てめーは医者か!
医者と一言も口利かなかったのは初めてだ!
その病院、東京都K東区にある田村医院って言うんだが、
患者をナメてんのか!思い出しても腹が立つ!
だから実名で書いた!
でも実名を上げても別に名誉毀損にもなるまい。
だって事実なんだもん。
ありもしない事を書けば毀損かもしれぬが、事実を言って罪になるのか?

そして今日、大学病院に行った。
2時間待たされたが、やっぱり町医者とはちょっと違う。
「詳しく教えて下さい」って医者が言って来た。
で、症状を話したところ、どうもマイコプラズマとか言う風邪の一種っぽい。

取り敢えず3日飲み続けると7日間効いてるという、
余も服用しているバイアグラで有名なあの会社の、特殊な薬をくれた。
さっそく帰って飲んでみた。
その他3種類の薬と一緒に・・・
そしたらまあ、薬のせいかどうか分からぬが、もう眠いのなんの・・・
さっきも、晩ご飯の後にまた飲んだ。
更に眠気は持続中である。
だから、今夜の9時40分だが、これをUPしたら寝る。

そう言えば今日、病院で待ってる時に、先に診察を終えた女が帰って行った。
その人、階段を下りた時、「キャー」って叫んだのだ。
そして直後に、ドド、バタ、ゴツって音がした。
誰もが聞いて速効で分かった。階段から落ちたって。

相当でかい音がしたし、ゴツって音は恐らく頭を打ったのだろう。
こりゃ~血まみれ間違いあるまい!って思って、
チキン野郎の余は怖くて見に行けなかった。
ネット等では死体系グロ写真鑑賞は好きなのだが、リアル血まみれデビューはまだ出来ぬ・・・

音を聞いた病院職員および看護婦数名が即座に駆け寄って行った。
あの人生きてるかな~・・・
他人事ながら心配になった。

隣りのおばちゃん連中は「ハイヒールなんか履いてるからよ!危ないわね!」なんて言っていた。
意外と冷たいのね。もうちょっと心配してやりなよ~。
同じ釜のメシならぬ、同じ医者にかかった仲じゃないか・・・

結局、その人、腕、足、顔面および後頭部を強打したらしい・・
まあ病院内で怪我したのが、不幸中の幸いだったね。
これに凝りて次はエレベーターで下りなネ♪

ではもう限界が来たので、おやすみなさい。
私は寝ます。
あー。土曜だって言うのに夜10時前に寝るなんて・・・
情けない・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。