優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝の出来事
今日は真面目に・・・

今朝、通勤途中、電車を降りて改札を通ろうとした時、
杖をついたお婆さんがサラリーマンの一人に「XX病院はこの駅で良いんですか?」と聞いていた。
(※「XX病院」は昔ごぞんじ氏が入院した病院の手前の病院)

でもそのリーマン、いかにも出張で東京に来たって感じのキャリーバックを持っていて「分からないです」と答えていた。

困ったお婆さんを見て気の毒になり、「ここで良いんですよ」と教えた。
でも階段は2つあるし、迷ってる様子。
なので病院が見える所まで連れて行ってあげる事に。

そのお婆さん、いきなり「学生さんですか?」などと聞いて来た。
「そんなに若く見えるのか?」って思って嬉しかった(単純)。
でも、きっと高齢の人から見れば、若い人はみんな若く見えるのであろう。

で、お婆さんと別れ、会社に来た。

でも気になる。
見える所まで連れて来たが、その後無事に着いただろうか?

JR西日本の事故で、献花台に花を添える人をTVで見た。
ああいうのを見て、偽善者め!って思った。
実際、事故の被害に遭った人の家族、親戚、友人などが添えるなら分かる。
でも近所に住んでるってだけで、被害者とは無関係の人がそういう事をするのが理解出来なかった。

でも、今日のお婆さんとの接触で、そういう気持ちが分かった気がする。
もしかしたら、救助に来た住民が、死者へ花を添えていたのかもしれない。
関わった人だから心配になったのかもしれない。
それが人と人との触れ合いなんだなって・・・

そう思うと、今までの自分に深く深く深く深く、反省・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
死神皇帝が心配してトイレまで来てくれた
ゲロと下痢で脱水症状になったんですよねぇ(笑)わたし。
病院に行ったら、即入院で・・・
衛生兵2号にポカリの500mlボトルを数本買ってきて貰ったなぁ。
保全の守もお見舞いに来てくれた。
2005/06/04(土) 13:39:53 | URL | ごぞんじ@入院は5日 #6J9OhUjw[ 編集]
あれはひどかったですよね~。
退院して「雪印製品で当たった人の気持ちが分かった」って言ってましたね(笑)。
あれ以来、当たったてないですか?
2005/06/06(月) 09:17:09 | URL | 死神皇帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。