優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔のイタヅラ
今までにやった事のある悪戯を思い出してみた。
今日はそれを紹介しよう。

5年位前、余の指令で女皇帝が余の知り合いの携帯にいたづら電話をした。
内容は以下だ。
「こちらはNTTドコモのキャンペーン室ですが、携帯電話にご加入頂いている方を無作為に検索し、
あなたが選ばれました。今から大きな声を出して頂き、こちらにある音量測定器で、80ホンを超えれば、
カーナビシステムをプレゼント致します。『どうぞ』と言ったら受話器に向かって叫んで下さい」

そして、「ではどうぞ」と言ったところ、
この人は、何の疑いもなしに、「うおーーー!!」と叫んだ。
あまりの可笑しさに、電話を切ったが、その周囲にいた人は、
突然叫んだ彼の行動が分からなかったに違いない。

皆もやってみては如何であろうか?
そうそう叫んでくれる人はいないと思うが。
(K谷代理なら叫んでくれそう(笑)・内輪ネタでスマソ)
ではさらばだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。