優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうする~アイフル~♪
一昨日の帰り、KO線のとある駅。
特急に乗ると、隣におっさん2人が座ってた。
何か会話してたが、特に気にならなかった。

下りる駅が近づいて来た時、ふと会話が耳に入った。
渡る世間は・・・の話をしているではないか。
誰々も体壊して、次は宇津井健さんがやるんだってね~とか言っていた。
その後も芸能関係の話ばかりしてる。

あれ?この声って・・・?
ふと見たら、題名のCMに出てる人じゃん。
清水ショウゴ(漢字、知らん)と言ったかな。

ほぉー。
かっこいいオッサンだ。
小さめのグラサンしてしてるが、すぐ分かった。
TVで見るより良い男だった。

他の乗客は気づいてるのかな?って思ったが、みんな分からなかったみたい。
すっかり素人集に溶け込んでいる様であった。

時々芸能人を見るが、以外な所で見た。
芸能人も電車乗るのね。
クラス会
高校のクラス会がしょっちゅう行われる。
それに参加すると、例の消防士ネタも聞けるが、いかんせん開催が多すぎる。

だいたいクラス会と言うのは、懐かしい仲間と会って昔話に花を咲かせ、学生時代に戻ったかの様な気持ちになる事であろう。
はたまた、昔好きだった同級生と、あの頃の様な気持ちでまた会いたい。みたいな、そんなもんじゃないんだろうか??

だが、男しかいなかった男子校のそれなど、ときめくネタもなければ、好きだった人もいない。
昔話はそれなりに面白いが、そんなにやってたらネタも尽きて来る・・・

(在学中)弁論大会に出たH氏、自身の辛い体験を語り見事準優勝。
それを聞いていた、会場の女子高生は皆涙した・・・
だがH氏、実はこの余を上回る程の、とてつもない変態野郎である。
女子高生の涙を裏切り、準優勝の賞品である図書券で全部エロ本を買いやがった。

確かに、クラス会に行けばそういう話などは聞ける。
それはそれで爆笑ものではあるが、行くまでの腰が重い。
ここ数年、誘いをずっと断り続け、去年の秋数年ぶりに行った。
その時だって、行きたくないから金がないと言い訳をすれば、みんなで出してくれる(なんて素晴らしい奴らなんだ(T_T)。本当に出させる方も出させる方だが)。
でもどうしても時間をあけると、出かけるのが億劫でしょうがない・・・

秋に行った時、次は1月だからな!って言っていた。
でも延期になるであろう。と思っていたが、先日本当に誘いが来た。
だが用事があったので断った。
すると、開催翌日にメールが来て「次は5月だから来いよ!」って・・・
またやるんかい!?

サイクル短すぎじゃないか?
やりすぎじゃないか?
そのメールに添付されてた写真の同級生、全員秋の参加者と全く同じやんけ!!
みんなそんなに暇なのか??

しかも、聞くところによると、二次会はキャバクラとか風俗とか、そういう方面に流れるそうじゃないか。
よく金もあるな?
そっちの金も出してくれるって言うなら、二次会からになってしまうが、参加する足取りも軽くなりそうではあるが・・・

でもまあ、1次会だけになっちまうだろうが、また5月は行ってみるか・・・
(それでも前回の参加から半年しかたってねーじゃねーか!(-_-;;)
走る人
この前の日曜、車で横浜方面に出かけた。
右に曲がろうと、右レーンに入るも、そこから全く動かねぇ~。
信号が赤に変わったきり、全く青にならねー!

すると1台のミニパトが反対車線からやって来て、何か言ってる。
でも速度が早すぎて何言ってんだかよく分からないまま通り過ぎた。
もっとゆっくり走れコノヤロウ!
その後、今度は別の車がやって来て、また何か言ってる。

それで事態を把握した。
横浜国際女子駅伝か・・・
それで車を止めてるんだな。
すぐに車内のTVを付け、見た。

5分位したら、箱根駅伝とかでよく見る中継車みたいなのが来た。
その後ろ、当たり前だけど、ランナーが来るではありませんか。

おぉ!TVに映ってる人が走ってる!(別人だったらそれはそれで面白いが)
初めに来たのはどうやらロシアの選手らしい。
場所的に全然歓声とかはなく、黙々と大雨の中走り去って行った。

早く次来ないかな~
と思っていると、来た。
記憶では中国ではないかと思ったが(違ってたらすんまそん)、それがこの写真の人だ。

よし、この事をここの記事にしよう!
と思ったが、撮った写真を見て愕然。

写真が小せぇぇぇぇ・・・(いつものことだが)
でもまあせっかく撮ったんだし、そんなところに出くわしたんだから、載せとくか。って感じで載せてみる。
本当はもっといっぱいあるのだが、何枚も載せても仕方ないか?と思いやめた。
(本当は、携帯からPCに送るのが面倒なだけだが)




次に中国(だっと記憶している)がやって来たが、
中国の選手も、あっという間に通り過ぎた。
続いて、もうどこの国だか分からないが、何人か通過した。

中には水着みたいな格好で走ってる選手もいて、後ろから見るとお尻がプリプリしてて、それはそれで「ご馳走様」って感じであった。
どうせなら全員白いTシャツ着て走れよ!とか、色々な妄想が脳を駆けめぐったが、健全なスポーツをそんな目で見やがるとは、ふとどき千万!
それは内緒にしておこう(って、もう言ってるが)。

だが、駅伝、マラソンなどは、生で見ると大いにつまらない。
それは、TVで見るのと違って1度通過したら終わりだからだ。

今回の場合も、全部で何人通過したか覚えてないが、時間にしたらあっと言う間の事であった。

でも雨じゃなかったら、外に出て何か声かけたかったなー。

これから暖かくもなるし、そういう観戦なんてのも、またよろしいかも。


PS.最後の方に通過した赤いユニフォームの多分日本人だと思うが、凄い可愛かった♪
誰だろう??
NEW死神号

以前、免許を取った事を書いたが、
これが今の死神号である。




50ccから5倍の250ccになった。
車種はNSR250。
今では新車で買えないので中古ではあるが、気に入っている。

今、世間はスクーターブームの様で、走っていても大型スクーターが多いが、あえてレーサーレプリカにした。
高校時代、こんなの乗ってりゃ~、それはもう同級生から凄いと仰がれたもんだが、今ではこういうタイプの二輪はあんまり見ない・・・
今更時代遅れなのかもしれないが、せっかく買ったのでまだ手放さない。

さてさて、先日お台場に走りに行ってみた。
レインボーブリッジのカーブが怖いと思っていたが、実際走るとバンクが付いているので全然怖くなかった。

あんまり飛ばして捕まっても嫌なのでゆっくり走っていると、中年のオッサンが乗っていたバイク(BMWっぽい)が凄い勢いで抜かして行った。
その直後、更にもう1台のバイクが凄い勢いで抜いて行ったが、あんりまー!白バイじゃん。
後ろからその2台のドッグファイト?を特等席で見せてもらいましたわ。
案の定、オッサンに救われる道など皆無で、敢え無く餌食となっておりました。

それから13号埋立地って方面に行くと海底トンネルがある。
そこを抜けると100%埋立で作られた地上に出て、右に曲がりまた海底トンネル。
そこを抜ければ大井埠頭って訳です。

しかしその2本目のトンネルがまた曲者で、そこも取締りの宝庫である事を発見。
実はそのトンネル、地上から入ると一般車では通れない道と合流。
そっちの道から白バイがやって来るって訳です。

お台場方面に車両で行く時は、要注意!
会社があるのはこんなとこ
今年から、どんなところで仕事しているかと言うと、
1~2分歩けばこんな景色がある所です。

どう?
自然がいっぱいでしょ?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。