優雅なる皇帝記Ⅱ
知に働けば角が立つ、情に竿させば流される、兎角この世は住みにくい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死神VSヤンキー
それは昨夜の事である。
東京ディズニーランドの側を通っていたら、
群馬ナンバーのヤン車(ヤンキー系の車の事)が、パンクして道路の左端に止まっていた。
「おうおう。可哀想に・・・」と思って通り過ぎたが、その10メートル位前の信号で赤信号で止まった。
と、その時だった。
死神号の助手席の窓をノックする若者(男)がいた。
窓を開け「ん?」って顔をすると「すみません。パンクしたんですけど工具貸してもらえませんか?」って言われた。
それを快諾し、工具を持ってそのヤン車の側に行くと、中にはこれまた、その車に乗るにふさわしい方々がご乗車されていた。しかも全員女。
(このヤロウ。男1人で女3人とTDLかい?なかなかやるじゃねーか!)

「ジャッキで車体持ち上げてるんだから降りた方が良いんじゃないか?」って思ったが、彼女達のミニスカートの股ぐらに目が行ってしまい、忠告どころではなかった。
ちくしょう!夜でなかったら、その神秘の逆三角形状の布が見れていたに違いない!!
まあそんな事は置いといて、早速工具を出してホイルナットにかました。

が、しかし入らない!
そりゃそうだ。ヤン車仕様に改造されてるそれは、標準の工具など受け付けない物と化し、標準の車載工具ふぜいではお手上げだった。
さて困った。余の工具でも外せない事が分かった以上、これ以上関わっちゃならね~。
こっちも時間がないんだから・・・

しかし、何とかして下さいよ~と哀願してる彼の目および彼女達の目の訴えが、痛い程伝わって来る。こんな時まで堅い結束は守られていた。
何とかったって、道具がなけりゃ~どうにもならね~!だいたい何で余なんだ?
余は営業職だ。修理屋ではない。

どうしよう・・・。こやつら、これから群馬まで帰るんだよな~。
見放すのも可哀想だし、何とかしてやるか・・・。
暫く二人無言で考えた挙げ句に余が出した苦し紛れな答えは「じゃあどっかスタンドまで乗せてってあげますから、後は自分でここまで修理に来てもらう様に交渉してください」って事だった。
で、たった3分前に出逢ったヤンキーを死神号に乗せ、記憶にあるスタンドに行った。
彼女達も3人して「すみません。お願いします」なんておじきして言っていた。風貌に似合わず、意外と礼儀正しいのね。と、ちょっと今の若者を見直した。

記憶は正しかった。ちゃんとスタンドがあるじゃねーか。しかも営業中。
さっそくヤンキーが店員と交渉に入る。だが時間も遅く店員も少ないから、こりゃ来てくれないかも・・・と正直思った。
だが余はひたすら願った。「どうか修理に行ってやってくれ!」と。
でないと、また彼を乗せて、次のスタンドまで行かねばならないではないか。
全く信号が赤でなきゃ、こんな事にはなっていなかったはず。
とんでもねー事にかかわっちまった・・・だいたい何で余なんだ????
他にも赤信号で止まってた車はいただろうに!

こっちも緊張し、店員の回答を待つ。
店員は「出張料3000円かかりますけど・・・」と言うと、ヤンキーはためらっていた。
「バカヤロー。何を迷う事がある!払え!払うんだ!!」必死に心の中で叫んだ。
最悪、余が3000円払ってやるから、解放してくれ。マジで急いでるんだ!とも思った(ウソ)。
叫びが通じたのか、彼は承諾した。「当たり前だコンチクショウ!これ以上余にすがらんでくれ!」日曜の22時を過ぎ、これから用事があって湘南まで行かねばならんのだ!明日は月曜。本当にこっちは時間がないんだヨ!
で、後はスタンドマンに任せ、帰る意向を伝えると、彼はコーヒーを買って来てちゃんとおじぎをして礼を言った。
今まで、ヤンキーとか変な目で見る事もあったけど、実はみんな素直だったりするのかも・・・
そんな事を考え、お礼をもらってその場を後にした。

彼はちゃんと群馬まで帰れたであろうか?
ちょっと気になるが、まあこれも思い出となるであろう。
余が群馬で窮地に立たされた時は、助けてね!

以上

ヤバかった・・・
それは今朝の事だった。
久々に父親ズラを下げ、子孫どもを連れて出かけようとし、
死神号のハンドルを握っていた時、事件は起こった!

家から1キロ程度走った時である。
道路に黒ずくめの男達が7~8人立っていた。
こちらに向かい「こっちへ来い」と手を振る。
「わちゃー!マジかよー!終わった・・・」と思うも、引き返す事は出来ない。
いや、仮に逃げる事が出来ても、後々ややこしい事になる事は分かっていた。
だから大人しく彼らに従い、近づいて停車し、窓を開けた。

そして余に対し、ある物を出せと要求して来た。
しかしそんな物は持っていなかった・・・・
それを言うと、車から降りろと余に要求する。
逆らう事は出来ず、子孫を残して車から降りた。

彼らは本物の銃を所持していた(ウソではない!!)
だてに余もサバゲーマーではない。本物と偽物の区別くらいはつく!
それより何より、その格好。小学生でも実銃を持っている事は分かるであろう・・・
だって警察官だもん。(ひっぱっといてスマソ)。

さて、余が一体何に慌てたかって言うと、その日、家を出てエレベーターを降りた所で、免許証を忘れた事に気が付いた。
でも取りに帰るのも面倒だったし、免許を取って12年。
車で走っていて、一度も免許証を見せろ!と言われた事がない。
だから結構不携帯がクセになっていた。
今日も問題無いだろう。なんて思っていたが、恐るべしブッシュ!
普通、3車線ある道で、全ての車を止めるかい?(まあそれだけすいてる道ってことだろうけど)
あんたが来るお陰で、都内のあちらこちらで警官がしっかりお仕事してますよ。(それに気づいたのは後になってからだが)

検問所が見えた時、既に持っていない事は分かっていたが、とにかく表情に出さない様に努めた。
そして提示を求められた時に一応、出す仕草をした。
ポケットに手を入れ「あれ?」。カバンをあさり「んー?」なんて演技も一応した後、
さも持っていなかった事を今気づいたかの様に「ぬおぉ~。忘れたみたいです・・・」って言った。

あの時取りに戻っていれば・・・
だがそんな思いや後悔はなかった。
それよりも、分かってて取りに帰らないと、いつかはこういう結果になるんだな~っていう経験をした満足感?(ウソこけ!)と、ここでのネタが出来たか!って気持ちだった(これはマジ)。

他の車の人達は、みんなこっちを見て通り過ぎて行った。
「あいつは一体何をしでかしたんだ?」そう思ってくれれば、一瞬でも彼らの心を余が占領したことになる。
それもまた満足であった(な訳あるかい)。

照会が済み、偽造免許とかでない事が判明。
「近くなら取りに帰って、それから出かけてくださいね」と言う警察官の言葉。
そこで解放されたが、この場合、一体どうなったのだろうか・・・???

不携帯は反則金が無いから、切符は切られなくても自動的に点数が引き落としになるのか?
それとも違反は反則金があろうとなかろうと切符は切るのか?
前者の場合は免許書換えの時まで真偽は分からぬが、後者の場合なら見逃してくれたって事?
真相は来年の書換時まで分からぬが、今から気になる。非常に気になる。
減点されてても良いから、今すぐ結果を聞きたい所である。
反則金のない違反をした場合、どういう処理になるのか、知っている人がいたら教えて!

最後に、余が警官に車の外に下ろされても、泣かずに待っていた子孫どもよ!
なかなか立派であったぞ。将来は立派に強く偉大になるのだ!
但し、大きくなって力を持ったからと言っても、余に逆らうでない!

本日は以上である。

無謀な挑戦
暮も押し迫ったある日、買い物帰りにボーっと死神号を操っていたら、
後ろから凄い勢いでインプレッサのWRXに抜かれた。
その時思った。
「よし。あいつをブチ抜こう!物事は成せばなるらしいから絶対抜いてやる!
 もしも抜く事が出来れば、来年は進歩できる。ダメなら、俺は変わらない」
って勝手に基準を作り、仕事でも滅多に見せぬ意気込みで勝負に挑んだ。

しかし、この日乗車の死神号は50ccの原付である。
カッ飛んでるインプレッサを抜くなんて、相当無謀かもしれない。
だがどうしても、頑張ればどうにかなるって事を立証したかった。

幸か不幸か東京の道路は信号が多い。
だからそこで相手が止まった時に、原チャリ最大の武器を使い、すり抜けて前に出れば良い。
原チャリをナメられては困る。
そんな卑怯にも似た作戦だが、勝機はそれしかない。
その作戦に従い、ぶち抜く事に専念した。
ちなみに言うまでもないが、勿論、相手のドライバーはそんな原チャリごとき眼中にもないであろう・・・。

暫く走ると、早速1つ目の信号が期待通り赤になった。
「ふふふ。割と早かったな。まあ青になるまでに並べばいいか」って思って減速したら、
何とその手前の信号も赤に変わり余も停車を余儀なくされた・・・
「ちきしょう。もうちょっとだったのに」こちらも止められるなんて、考えてもいなかった・・・
詰めが甘かったか。

こっちの信号が先に青になったが、敵の信号も直後に変わった。
先頭にいた敵は青になるや猛烈な加速とともに離れて行く。
「速ぇぇぇぇぇ!!」そう言わざろう得ない速さだった。

本当にあんな奴を抜けるのか?だがそこで諦めたらダメだ。
信号に引っかかりさえすれば、どうにかなる。
そう思い走るも、どうしても信号で並べない。
必ず信号1つ分、間が詰められないのだ。
そして次の信号は余が曲がる最後の交差点。

ここは直進すると行き止まりなので、殆どの車が右折か左折する。
しかし多くの車は右折しかしない(要するにその道は右折してまた続いているわけですな)。
敵も右折なら、敵の前に右折待ちの車がいると良いな・・・
そう期待し追いついてみれば、案の定5~6台の車が並んでいた。
しかも先頭は動きの遅い路線バスじゃねーか。
「ヒヒヒ。勝ったな」そう思って、強引にバスの前まで出て、目標を達成する事が出来たのであった。

思い切り卑怯な作戦であったが、とりあえず「抜く」という目標は達成できた。
非力な原付でも、周囲の状況によっては相当な強敵であっても物事頑張ればどうにかなるものかもしれない。
という事を立証出来た様な気持ちであった。
(まあ9割思い込みだと思うけど)

相当強引な勝負と結論であるが、まあ新年への希望って事で、気分は悪くなかった。
何も知らずに勝手にそんな事に挑まれたバトルの相手よ。ご苦労さんであった。
今度見かけた時は、許してやろう。

いいもん見た
今日は会社から帰り、走りに行った。
走ると言っても足で走る訳じゃない。
車で走るのである。
昔よく行った大垂水峠って所に行ってみた。
ここは昔は凄く走り屋で賑わっていて、よく見に行ったり走りに行ったりしたものだ。
コーナーにはギャラリーの山。昼間通れば、あちこちに花束が置いてある。
それだけ死人も出たって事ですな。
若いのにお気の毒に・・・
しかし今ではすっかりギャラリーもおらず、淋しい雰囲気である。

まあ余も走るって言っても、サスはノーマルだし、命も惜しい。
昔は「好きな事して死ねるなら良いじゃん」なんて、心にも思ってもいない事を、
カッコつけて口にしていたが、どうせ好きな事をして死ぬなら、最期はもう決まっている。
男に生まれた以上、死ぬ時は女の上に乗ってと決めてあるし、また父にも厳しくそう言われて育てられた。
だから峠ごときで死ねるかい!そんな感じである。
まあ適当に自分が楽しめる程度に走れればそれで良いんだ。

で、一回走って、実は大垂水の先に行きつけの所があるので、そっちで楽しんだ。
ここは全長約30キロ。信号は1コしかなく、夜中はほとんど車は通らない。
30キロって事は往復60キロにもなる。
東京方面から行くと、道が終わる所は山梨県になっている。
(東京方面って言っても、入り口は神奈川県なんだけどね)
普段ならそんな距離は走らないが、今回は走ったよ。

山梨と言えば空気は綺麗だ。星空が綺麗だったので、暫く見ていた。
その時、子供の頃に戻ったみたいに、お星様に願い事をしてみた。
で、「神様~。願い事を叶えてくれるなら、確かに叶えてやる!って証拠に
今流れ星を見せて下さいよー」って思ったの。
そしたら、何と驚く事に、本当に流れ星がタイミング良く見れたのだ。
こうもタイミングが良いと、人はマジでその気になるものである。
でもそこは可愛いげのない大人。「きっと偶然だろうな」なんて結論を出してしまう。
偶然でも何でも良いから、願いは叶うんだ!って思ってりゃ良いのにね。
叶うって思う事で幸せな気持ちになれればそれで良いのに、自分で自分に水差してる・・・

だからそんな反省の意味を込めて、もう一回試してみた。
「そろそろ帰るので、この願いが届くならもう1回見せて下さい」っ心の中で言った。
そしたら、本当にまた見えたのである!!(マジでネタじゃないよ!)
思わず声あげて「あ!」って言っちゃった。
またもや偶然だと言ってしまえばそれまでだが、2度も続くと嬉しいものである。
だから偶然だとか思わないで、信じることにした。
いつか願いは叶うであろう・・・

で、帰路に付いた。
また30キロ走らねばならないが、途中ですっかり眠くなった。
でも帰るにはもう1回大垂水を越えるか、手前で高速に乗って帰るしかない。
眠かったので高速はやめようって思って、また大垂水を通ったが、今度は普通ーに走った。
そろそろ頂上が近いな・・・と思った、その時だった。
後ろからスキール音(って言うんだっけ?)。
つまり、タイヤが鳴く音だ。こりゃー凄げーカっ飛んでる奴が来る。
そう思ってミラーを見ると、背後にランサーエボリューションⅢではないか。
しかも凄いいじってそう。
そんな奴相手にしたら、女の上で死ぬ前に、ここで逝っちまう!
だが相手が何であれ、このまま普通に走るのも何かバカにされてる様でイヤだなー・・・
迷いと眠気があったが、走ったよ。
でもなかなか離れるもんじゃないね。
そうしてるうちに前の車に追いついて、普通ーに走ったけど、
前がいなかったら、こうしてもう書いている事はなかったかも。
相手は選ぶべきであった。
(でも悔しいから相手にも一言言ってやろう。こっちは足ノーマルなんだよ!と)

すっかり遅くなって家に帰ったら5時だった。
しかもそれで寝れば良いのに6時までテレビ見て、それから寝た。
今は土曜日13時だけど、11時には起きてた。

全く何やってるんだか・・・・
でも流れ星見れて良かった。
明日の夜は獅子座流星群じゃなかったかな?

暇な人は見に行ってみては如何であろうか?

それじゃこの辺で
何てこった!!
それは先日の事だった。
余は親友の結婚式に呼ばれ、車で式場に行った。
あまり台数の止められない駐車場であったが、数台分止めるスペースが残っていた。
2台、3台と並べて止める場所もあり、空きスペースもあったが、
そういう所に止めるのは嫌いだ。
なぜならば、隣の車の人が乗り降りする時、ドアを開けて余のカッコイイ
死神号に開けたドアがぶつかるかもしれないからだ。

そこで、そういう動作に関係ない場所を探した。
すると、珍しく縦列駐車で止めるスペースがあった。
縦列で止めるんだから、隣に車は止まらない。
これならば、ドアを凹まされる事もないだろう!と思い、そこに決めた。
そして、軽やかなハンドリングの元、死神号は収納されて行った・・・

後ろはまだ開いている。もうちょっとバックしておくか。
そう思い、ドアを開け後ろを見ながら下がった。
だが、何故か、ある一定以上の所から車は下がらない。
車止めはないはずなのに・・・

その時だ。「ま、まさか・・・」と思い、左の後ろを見ると、
柱が思い切り迫り来ているではないか。
車を少し前に進め、速攻で下車して、車体左後方部を点検すると、
一筋の縦に延びる線が・・・・

「ちょんげぇぇぇぇ~~!!」この前まで、いや、ここに来るまでこんな
傷はなかったではないか!!!!
と言う事は、たった今、柱野郎に接触したのか?
さっき車は何故か下がらなかった。
という事は、答えはもう一つしかない・・・・
言いしれぬショックの元、現実を受け入れた。

今まで、バックしていて車をぶつけた事などなかった。
それが何たる事だ・・・・
つい最近も、バッテリーをあげてしまい、恥ずかしい者に成り下がったと言うのに、
更に追い打ちをかけられるとは・・・・
これでもう余はドライバーとしては、3流以下のエセドライバーになってしまった。
嗚呼悲しい・・・
最近どうも車がらみでついていない。

だいたい死神号のあのバカでかいウイングは邪魔なんだ!
空力抵抗だか何だか知らんが、あんなもん必要なのか?
車体を下に押し下げる効果があるらしいが、それは時速140キロとか以上の
話であろう?
普通そんなにカッ飛ぶかい?

悔しいからカッ飛んで、その効果とやらを発揮して頂くか。
そして今度はスピード違反で捕まり、このコーナーのネタになるであろう。

ではさらばだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。